過払い金の返還請求弁護士評判

過払い金の返還請求弁護士評判

 

>>>街角法律相談所無料シュミレーター

 

過払い金の返還請求を通じて貰いました

 

過払い金請求返還請求に関するCMを見て、昔の借り入れを思い出しました。

 

軽い気持ちで、サラ金でお金を借りて、気がつけば多重債務となってしまったのですが、心を変え、精一杯借金を返済し、どうにか完済する事が出来ました。

 

借金の事は、必要以上、思い起こしたくないと考えていたのですが、過払い金返還請求のCMを見て、ひょっとしたら当たる借金があるのではないかと考え、弁護士事務所に相談を通じて見る事にしました。

 

当時の資料がない状態でも結構大丈夫なのかという不安もありましたが、心地よく過去の取引履歴を取り寄せて貰う事が出来ました。

 

もし、過払い金がなければ、手数料等の費用は発生しないとの事だったのですが、調べて貰うと、想像していたよりも多くの過払い金が見つかり、返還請求をお願いする事にしました。

 

当時は、返済する事に精一杯、利息をどれだけ支払っているか等、気にする余裕はありませんでした。

 

それだけに、支払っていた利息の額を知って、いとも驚く事になりましたが、それらを無事に取り戻して味わう事が出来て、相談して一体全体良かったなと思いました。

 

返還請求の成功報酬は必要でしたが、想像以上の金額が手元に戻ってきた事が今は相当嬉しいです。

 

 

 

過払い金返還請求について都道府県特別は違わないという。

 

返ってくるなら返還請求したほうが絶対良いですよね過払い金、私も過去に2社からお金を借りて10年ほどかかって返済した事が有ります。

 

明らかにグレーゾーンと言われている金利でしたので、過払い金を請求しようかどうにか悩みました。

 

電話帳で自宅から少々遠い弁護士事務所に電話をかけて相談の日取りを決めました、家の近所だと知り合いにおけるかもしれないからだ。

 

私の場合はとりあえず、1社に過払い金の請求をする事にしました。

 

着手金などはその場で払うことはなく、後日過払い金返還請求をする事が出来たら戻ってきた金額から20パーセントと着手金2万円位だったと思います、いる都道府県によって金額が違うことは無いと思いますが違うとしたら都道府県別ではなくて相談する弁護士さんや、司法書士さんでしょう。

 

ちなみに30万円位借りて引き戻すのに何年もかかってしまって、調べてもらった過払い金は本当に30万円以上有りました。

 

直ぐに請求してもらい通常は早くて3カ月〜半年位遅くて9カ月〜1年位かかる場合もあるそうですが私の場合は5か月位でした。

 

手続きも簡単でした、こんなにも簡単に出来るなら悩んでないで益々短く相談に行けば良かったと思いました。

 

返済した借金に過払い金があったので返還請求しました

 

テレビなどで、サラリーマン金融による人の返済金に過払い金があるとかないとか耳にしました。

 

よくぐっすり判らなかったのですガ、友人に聞いたら支払った借金の利子が多すぎたことを過払い金と言って取り戻すことが出来るのを返還請求すると教えてもらいました。

 

私も今は借金はないのですが1年前に車で事故を起こして賠償しなければいけなくなったのですが任意保険が切れていたので実費で支払わなければいけなくなったのでしかたなく、サラリーマン金融に借金を通じて、やっと返済が終わったところでした。

 

大層大金だったので利子も数多く大変でした。

 

ひょっとしたら私も対象になるかもと思いネットで検索して、弁護士事務所に尋ねてみました。

 

過払い金の返還請求なんて、期間が繋がるのだろうなと思っていましたが私に過払い金があることは直ちに分かりました。

 

こんなにも速く分かるなんて驚きました。

 

その後はすべて弁護士にお任せしました。

 

その間、相手の金融会社からいやがらせの電話もな、く極めてスムーズにことが運んで私の手元にお金がもどってきました。

 

弁護士さんも成れているようで安心でした。

 

ひとたび支払ったお金ですから、甚だしく得をした気分です。

 

惜しくも期間が遅かったら請求出来なかったそうです。

 

かなりラッキーでした。

 

過払い金の請求は地域の法テラスなどでも

 

借金の返済にあたっては、とにかくそこに金利が設定されているはずです。

 

その金利は、利息制限法という法律にもとづいて上限が決められてあり、その上限以上の金利を設定してしまうと違法な契約となってしまう。

 

近年こういう違法な金利で貸し出された融資に関するトラブルが多くなっていますので、もしも自分自身も該当するについてには過払い金の請求を行うことが可能です。

 

過払い金の請求は、違法な金利を支払っていた場合にその払いすぎた金利を過去5年間さかのぼって返還できる制度だ。

 

こういう制度を利用することによって、払いすぎた金利をまとめて取り戻すことができます。

 

これらの相談は、各地域におけるホウテラスなどを利用することも可能ですし、弁護士事務所なども各地域にしっかりありますので、そこに相談をめぐってもよいでしょう。

 

過払い金の請求手続きは複雑な書類をたくさん作らなければならないことも多いため、出きれば予め専門家の指導を仰いですほうがよいでしょう。

 

また、金融機関との交渉を行う際にも自分自身で行なうよりもスムーズに事がすすむはずです。

 

上手く専門家の力を借りて、とれるかぎり速く過払い金の問題を解決し、借金のトラブルを身の回りから失いましょう。

 

 

 

過払い金の返還請求をするには

 

カードローンの支払いを繰り返しているうちに、気がつけばとっても雪だるまのように月々の返済額が膨らんでいきました。

 

しばらくは、ボーナスを当てにして、自転車操業で返済を繰り返していましたが、会社の業績不振でボーナスが減額されると、とたんに資金繰りに行き詰ってしまいました。

 

新たにローンを頼むことも考えましたが、それでは問題の先送りにしかならないと見なし、何とかして自力で借金を完済できるように頑張ることにしました。

 

そこで、カード会社に連絡をして、月々の返済を猶予してもらえないか頼みましたが、ちっとも相手にしてもらえません。

 

さすが個人の力では限界があると思ったので、専門家である司法書士の先生にお願いして、借金の返済計画を立てて買うことにしました。

 

先生の見立てによると、自分の場合にはこれまでかなりの過払い金があるので、本来返済するべき借金の額は、今よりもなおさら少なくなるハズ、と言われました。

 

そして、先生に過払い金の返還請求手続きをお願いしたところ、数社からお金が返還されました。

 

自分一人の力ではとても交渉などできませんでしたが、専門家の先生のおかげで、粛々と返還請求が通ったので、甚だサンキュー。

 

過払い金の返還請求を決意しました

 

私は44歳の勤め人だ。現在、妻と2人の息子がおります。

 

長男は今年高校に入学し、次男は今年で中学2年になります。

 

2人の息子は順調に成長してあり、将来に思い切り期待がかかります。しかし、その一方で俺は一時期将来が危ぶまれることがありました。

 

それは、サラ金での借金だ。私が若い時、生活費の補填のために50万円をサラ金で借りました。

 

しかし、毎月地道に返済してもどうにも借金が減らず、一時は滞納状態に陥ってしまいました。

 

なんとか完済することが出来ましたが、当時ははたして難しい日々を送っていました。もう一度もうあの時折舞い戻りたくないと、つくづく感じております。

 

そういうある日、思わずインターネットを見ていると「過払い金の返還請求」の広告を見つけました。

 

どうも「貸金業法」が改正達する前に借金を通じていた人は、利息を余分に支払っていらっしゃる可能性があるとのことでした。

 

確かに私も心あたりがあるなと憧れ、直ぐに近所の法律事務所をめぐって過払い金の返還請求について相談しました。

 

すると、とにかく私も余分に利息を支払っていたらしく、弁護士を通じて過払い金の返還請求を行う結果、払いすぎていた利息が帰る可能性があるとのことです。

 

すでに完済してしまった借金ですが、やっとお金が帰るならと思い、返還請求を依頼することにしました。

 

過払い金の返還請求を通じて貰いました

 

過払い金請求返還請求に関するCMを見て、昔の借り入れを思い出しました。

 

軽い気持ちで、サラ金でお金を借りて、気がつけば多重債務となってしまったのですが、心を入れ替え、精一杯借金を返済し、はじめて完済する事が出来ました。

 

借金の事は、必要以上、思い起こしたくないと考えていたのですが、過払い金返還請求のCMを見て、ひょっとしたら当たる借金があるのではないかと考え、弁護士事務所に相談を通じて見る事にしました。

 

当時の資料がない状態でもほんとに大丈夫なのかという不安もありましたが、ありがたく過去の取引履歴を取り寄せて貰う事が出来ました。

 

仮に、過払い金がなければ、手数料等の費用は発生しないとの事だったのですが、調べて貰うと、想像していたよりも多くの過払い金が見つかり、返還請求をお願いする事にしました。

 

当時は、返済する事に精一杯、利息をどれだけ支払っているか等、気にする余裕はありませんでした。

 

それだけに、支払っていた利息の額を知って、はなはだ驚く事になりましたが、それらを無事に取り戻して買う事が出来て、相談してはたして良かったなと思いました。

 

返還請求の成功報酬は必要でしたが、想像以上の金額が手元に戻ってきた事が今は思い切り嬉しいです。

 

過払い金返還請求について都道府県特別は違わないという。

 

返ってくるなら返還請求したほうが絶対良いですよね過払い金、私も過去に2社からお金を借りて10年ほどかかって返済した事が有ります。

 

明らかにグレーゾーンと言われている金利でしたので、過払い金を請求しようかどうにか悩みました。

 

電話帳で自宅からちょっと遠い弁護士事務所に電話をかけて相談の日取りを決めました、家の近所だと知り合いにおけるかもしれないからだ。

 

私の場合はとりあえず、1社に過払い金の請求をする事にしました。

 

着手金などはその場で払うことはなく、後日過払い金返還請求をする事が出来たら戻ってきた金額から20パーセントと着手金2万円位だったと思います、いる都道府県によって金額が違うことは無いと思いますが違うとしたら都道府県別ではなくて相談する弁護士さんや、司法書士さんでしょう。

 

ちなみに30万円位借りて引き戻すのに何年もかかってしまって、調べてもらった過払い金はすこぶる30万円以上有りました。

 

いちはやく請求してもらい通常は早くて3カ月〜半年位遅くて9カ月〜1年位かかる場合もあるそうですが私の場合は5か月位でした。

 

手続きも簡単でした、これ程簡単に出来るなら悩んでないでもう一度短く相談に行けば良かったと思いました。

 

過払い金返還請求で地域の弁護士に相談

 

2006年以前にサラ金でおよそ100万円を借り、4年ほどかけて返済しました。その時の金利は29.2%という出資法の上限金利でした。

 

あとで分かったのですが、利息制限法上の金利の上限は100万円以上の場合、15%だそうです。

 

こういう利息制限法上の金利の上限と、出資法上の金利の上限の差をグレーゾーン金利と呼び、過払い金返還請求の対象となるそうです。誠に14.2%も差が出てきます。

 

何となく、出資法の上限を超えてさえいなければ、刑罰の対象とならないので、当時の貸金業者のほとんどがこういう上限金利です29.2%を設定していたようです。

 

さて、過払い金返還請求の時効は10年なので、早めに返還請求をしようと思い、だいたいの金額を計算して、お金を借りたサラ金に電話をしてみたのですが、「弁護士として下さい」と言われてしまいました。どうも個人で請求をすると、下を見られてそういった対応をなくなるようです。

 

条件の酷い和解をさせられなかっただけマシかもしれません。成功すれば数十万円の金額が返還されるので、地域の弁護士に依頼しました。

 

幸いなことに、私のいる地域ではそういった問題に強い弁護士がホームページで簡単に見つかりました。

 

訴訟になることも覚悟していたのですが、きっと全額を返還してもらって和解になりました。

 

弁護士は頼りになりますね。

 

過払い金の請求を通じてみた

 

自営業をしているときに、運転資金としてサラ金からお金を借りていました。

 

結局、自営業は賢くいかず借金だけがある結果になりました。

 

それで、転職しながら借金返済を通じていました。

 

ある時、テレビで過払い金という言葉を聴き、自分の場合も当たるのではと憧れ始めました。

 

それで、駅前における弁護士事務所に過払い金の相談に行きました。

 

自分でも、借りた日時などは敢然と覚えていません。

 

また、契約書なども長くが経過しているので紛失しています。

 

ただ、相談だけなら無料なので行くことにしました。

 

そこでは、自分に請求とれるものがあるか調べてくれます。

 

何のデータもないのに、請求ができると判明しました。

 

後は、弁護士の先生が全てくださるので至って簡単でした。

 

それから、3週間後くらいの連絡があり過払い金のお金が請求できたと報告されました。

 

実際のその金額は、元金を相殺しても80万くらいあり驚きました。

 

心から、こんなにもお金が戻るとは予想していなかったです。

 

行きは、半信半疑のダメ元でしたが今は、相談して良かったと本当に考えています。

 

過去のものでも、請求とれるものが起こるようで諦めずに相談に行くことがいいと周囲にもすすめています。

 

弁護士に相談し過払い金請求ができた

 

最近やたらとテレビコマーシャルで過払い金請求について相談をと、法律事務所の宣伝が流れています。

 

自分も借金をした経験がありますが、過払い金なんて自分には関係ないとしていたのです。というのも、自分が借金したのはちゃんとした信販会社でしたしよもやそんなことはないだろうという気持ちがありました。

 

ところが、こうした信販会社でも可能性があると知人から聴き、徐々に自分が損をしているのではないかと苦しむようになりました。

 

いまや完済していて当時の記録など手元にないから今さら行動しても無駄だろうし、第一自分には法律の知識がないから恥ずかしい思いをしてしまうに違いないしと、思ったりするけれどモヤモヤしたものが引き続き頭にありました。

 

そこで、法律事務所のテレビコマーシャルを録画して、じっとその内容を確認したのです。

 

要は、まるで弁護士さんに相談することが大切で、そのための相談は無料ですと分かりました。

 

善は急げと無料の相談をお願いし、可能性があるとして調べてもらったら私の場合も請求できると分かりました。

 

後は弁護士さんにお任せしましたが、着手金が無料として、特別お金を用意する必要もなく安心しました。

 

弁護士さんのおかげで無事に過払い金が戻ってきた時折、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

過払い金請求ができる理由

 

サラ金などからお金を借りた際、利息制限法よりも高い金利でお金を借りていた場合は、払い過ぎた過払い金を請求することができます。

 

こういう利息制限法で定められている法定金利というのは、10万円未満の融資の場合は20%、10万円以上100万円未満の融資の場合は18%、100万円以上の融資の場合は15%までとなっています。従って、それ以上の金利で支払っていた場合、過払い金請求を通じて返還してもらうことができるのです。

 

しかし、そもそも何故法定金利以上の金利でサラ金は融資することができたのでしょうか。

 

これは利息制限法とは別に、さほどの法律出資法という法律があり、そちらでの上限金利が29.2%と定められていたからだ。

 

そこでその中間です24〜5%前後の金利をグレーゾーン金利として定めていたのです。

 

ところが、貸金業法が改正されて、融資上限は利息制限法のほうに仕向けることになったのです。

 

こういう法改正は過去にも遡ることができることから、過払い金請求が可能となりました。

 

ただ、自分で過払い金請求するのは簡単ではないので、通常は弁護士や行政書士事務所を通じて、手続きを進めて出向くのが一般的です。

 

すべてお任せで過払い金を取り戻すことができますよ。

 

過払い金の請求ができる都道府県

 

過払い金は、借金があったところそこに付く利息が法の制限よりも多くなっていた場合に発生するものです。

 

そして、その法の制限以上の金利が設定されていて、それを払い続けてしまった場合には、後から5年間分にわたって返還請求を行うことができます。

 

こういう過払い金の請求は、専門家である弁護士や司法書士などに依頼をして、その手続きを進めて出向く必要があります。

 

彼らは専門知識を有する金融事故処理のプロですので、自分自身の借りて要る借金、または完済した借金を教えると、直ちに過払い金の請求が可能かどうかを判断してくれるでしょう。

 

ですから、まずは自分自身の借金歴を一概にまとめて、それらの弁護士事務所などに持参することから始めるとよいでしょう。

 

または、電話相談やメール相談なども受け付けている弁護士事務所も各都道府県にありますので、それらをまるで利用しても良しかもしれません。

 

各都道府県の法テラスも、また有効な回答のひとつだ。

 

無料で利用できるサービスですので、これを利用することによって無駄な費用をかけることなく、過払い金の請求が可能かどうかを判断することができるでしょう。

 

借金問題は大きな問題になりやすいため、気になった段階で早めに相談に行くことをおすすめします。